ポイントさえ押さえれば、勉強時間は驚くほど短縮できる


マンション管理士(略して“マン管”)試験に
合格するために必要な勉強時間は、
平均300時間(=5ヶ月)と言われます。


その300時間を118時間(59日=2ヶ月)に
短縮できる方法
が、いま口コミで評判です。


斉藤慎也さんの『マン管試験に59日間の独学で
らくらく合格する“山田式勉強法”』は、
マンション管理士試験に短期合格するための必勝プログラム。


ネットの売れ筋総合ランキングでは
堂々第1位を獲得しています。


マン管試験の問題数はたったの50問。


その7割程度に正解すれば、
マン管試験はクリア
できるとか。


つまり、ポイントさえ押さえれば、
勉強時間は驚くほど短縮できる
のです。


また、“山田式勉強法”は、
マン管試験を目指すことのみに留まりません。


宅建、管理業務主任者、簿記2級、
そして超難関の社労士・・・


様々な資格試験において、この“山田式勉強法”は
有効であることが証明されています。


「エビング・ハウスの忘却曲線を
逆手に取った勉強法とは?」

「●●●●の問題集にこだわる理由とは?」

「問題集はこう進めろ!」


等々、


マニュアルには、
マン管試験攻略のためのノウハウが盛り沢山。

さらに、メールサポートの特典付きです。


公式HPはこちら


経済